そしてまた、どこまでも拳を伸ばそうぜ

Jimoto Creator Studioのタムラケンジです。

格闘技の試合会場にて選手の撮影をさせて頂いていると様々なシーンと立ち会うのですが、その中のワンシーンとしてバンテージで巻かれた拳に心惹かれるものがあります。この拳を見るとその選手の覚悟が伝わるような、そんな気がしてチャンスがあれば撮影するようにしています。こういった何気ないワンシーンからも、試合前における緊張感や気持ちが伝えられるような。これからもそんな写真を撮影していけたらと考えています。

ほんとは覚えているだろ?
ほんとは覚えているだろ?

ド派手に真っ向から立ち向かって
しかしド派手に真っ向からブッ倒されて
歪んで、霞んで、
欠けた視界の先にあるそれこそが
正真正銘、挑み続けるべき明日だってことを

さあ
もう一度
立ち上がろうぜ

そしてまた
どこまでも拳を伸ばそうぜ

ダウン! からカウント
1・2・3・4・5・6・7・8・9までは

哀しいかな神様の類に問答無用で
数えられてしまうものなのかもしれない

だけど、カウント10だけは
自分の諦めが数えるものだ

ぼくはどんなに打ちのめされようとも
絶対にカウント10を数えない

竹原ピストル/カウント10

関連記事

  1. 好きな写真①

  2. 大山千枚田(千葉県鴨川市)

  3. 堀口恭司 vs 所英男

  4. Radical Fitness Japan様/SPORTEC2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP